動画 | アダルトアイテムは、エロ動画と漫画で決まり!

動画


動きを連続させて撮影した複数の写真や絵を、その動きのとおりに重ねて高速で見ていく。一枚一枚の写真や絵は静止しているものの、目の錯覚によってそれが一連の動きを表現したものであると認識してしまう。
これが、映像の原理である。
この原理を利用して発明されたフィルム映画がすべての始まりである。やがて、受信した電波に合わせて走査線を走らせ、動く映像を作るテレビ技術が開発された。
その後、デジタルデータとして保存、再生が可能になったデジタル映像が登場したことで、映像の歴史は新たな局面に入った。映像は、データの保存が効くところであればどこででも存在することが出来るようになったのである。

現在では、パソコンのハードディスク内に保存した映像データをモニターに呼び出して鑑賞することが可能である。また、携帯機器でも保存したり鑑賞したりすることが出来るようになっている。
インターネットというネットワークが発達してからは、ネットワーク上を常に、映像データを表す電波が飛び交うようになっている。

特に、ネット上で保存されたり鑑賞されたりするタイプのデジタル映像は、「動画」と呼ばれる。
デジタル映像を集めたウェブサイトは「動画サイト」と呼ばれ、後述するような「アダルト動画」と呼ばれる種類のものもある。

前述の通り、インターネット上には数多くの映像が存在している。それらは、動画投稿サイトや共有サイト、配信サイトなどといった名前をしている。
そこから、たとえば映画の予告編を見ることが出来たり、何かの商品の宣伝映像を見ることが出来る。
また、個人の映像を公開することが出来る投稿サイトでは、学生の自主制作映画やホームビデオの公開なども行われている。

このように、多くの人の目に触れ、手で操作できるインターネットの世界では、映像は積極的に用いられるようになっている。
鑑賞を目的として映像を見る者や、何らかの意見を表明するために映像を撮影する者もいるのである。
また、後者に関して日本では「生放送」と呼ばれる、リアルタイムの映像を公開することが出来るサービスが盛んである。

インターネット上にある映像の中には、アダルト動画と呼ばれるものも存在している。
エロチシズムをテーマに、成人の鑑賞を意図して作られたさまざまな映像を、見ることが出来るのである。ジャンルも、実写やアニメという大別の中にさらに、細かくジャンル分けされている。

アダルト動画は、専用の動画投稿サイトや、アダルトビデオ制作会社のホームページ上などで見ることが出来る。
あるいは、個人投稿が可能なサイトでは、いわゆる「自画撮り」の映像が投稿されることもある。もちろん、成人指定がなされたものばかりなので、18歳以下は利用不可が原則である。